■インポの分類(2)



   インポにはさまざまな原因が考えられます。原因特定や治療方針を
   決める目的で、症状の重さによって分類したり、あるいは症状発生の
   経緯によって分ける場合もあります。

   重度による分類では、第一度インポテンスと呼ばれるものがあります。
   これはパートナーとの性交渉時のみに勃起不全症状が現れ、それ以外の
   性行動機会にたいしては問題が起きないという症状を示すものです。

   一見、治りの早い軽度のインポテンスに思えるかもしれませんが、
   これはインポテンスのなかでも比較的重いもので、治療に困難が伴う
   ことが予想されるものです。

   それ以外の、勃起不全があらゆる性対象に多発するインポテンスは、
   第二度インポテンスです。これは、治療が比較的簡単な軽度の
   インポテンスと考えられています。第一度のものは心因性の要因が
   かなり強いと考えられます。第二度は心因性のインポテンスである
   疑いもありますが、それ以外の可能性も十分考えられる症状です。

   性体験の有無によって、分類される場合もあります。生まれてから
   一度も性交が出来たことのないタイプは一次性(原発性)インポテンス
   と呼んでいます。だれもが緊張する初体験のときには、ストレスを
   感じて勃起不全に陥ることも多くなっています。このようなものを
   性体験の最初に起こることから、一次性(原発性)と呼んでいます。
   従来は可能であったものが不可能になったタイプは、二次性(続発性)
   インポテンスといいます。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ セルフチェックをしよう
  ★ 勃起のメカニズム
  ★ 正常な勃起の条件
  ★ どんな診断がある?
  ★ 具体的な治療