■勃起のメカニズム



   男性器は性的刺激をうけて興奮すると、血液が性器に集まり膨張し、
   堅くなります。これが勃起です。勃起には、性的興奮を伴わない
   反射的勃起もありますが、ここではインポテンスに関わる性的勃起に
   ついて説明していきたいと思います。

   性的刺激を受けると、脳は性的興奮状態となり、陰茎の勃起を
   引き起こします。性的興奮状態になるには、血液中に十分なホルモンが
   含まれていなければなりません。このとき、勃起の命令は中枢神経を
   伝わってペニスの筋肉を弛緩させます。この筋肉は弁の構造を
   もっていて、筋肉が弛緩することによって弁が開きます。

   開いた弁からは、血液が流れ込みペニスのスポンジ状になっている
   海綿体部分を血液で満たします。この状態でも、静脈からは血液が
   全身に運ばれていますが、陰茎の膨張によって、静脈は圧迫され、
   血流を阻害しています。なので、血液が海綿体部分にとどまり、
   勃起状態が持続されやすい状態になっています。

   ここでさらに勃起状態にあるペニスが刺激を受けると神経を伝わって
   脳に信号が送られ性的刺激となり、最初の刺激を受けたときと同じ
   行程で勃起状態が引き起こされます。この繰り返しによって、
   勃起状態が維持されることになります。

   インポテンス患者はこのメカニズムのいずれかに障害を抱えている
   ことになります。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ セルフチェックをしよう
  ★ 勃起のメカニズム
  ★ 正常な勃起の条件
  ★ どんな診断がある?
  ★ 具体的な治療